FC2ブログ

志木合同タクシースタッフブログ

朝霞、志木、新座、三芳(南部)、富士見(南部)地区を運行する志木合同タクシースタッフブログ。子育てタクシー、陣痛119番サービス。

ケア・アテンダントと子育てタクシー

今年6月に全国子育てタクシー協会に入会して「子育てタクシー」の
準備をしてきました。

埼玉県では、志木合同タクシーが最初に運行することになっているので、
いろいろな所から注目を浴びています。

弊社は、地域住民の方々にとって、「安心と便利」を提供するために、
様々なサービスを開発しています。

昔からのタクシー事業モデルから脱皮して、感動を与える体験型の
ビジネスに変更しようとしています。

その第一弾が、「子育てタクシー」になります。

少子高齢化の中で、子育てを支援するタクシーの存在は、
年々注目を浴びるようになっています。

しかし、お子様のみを乗せても安心してもらえるタクシーにするには、
従来型のタクシー事業モデルでは不十分であり、もう一歩踏み込んだ
取り組みが必要です。

まず、タクシー乗務員は、全国子育てタクシー協会の認定教育を受ける必要が
あります。さらに、地域の子育て支援団体と連携を取りながら、子育てをしている
方々の要望を取り入れてサービスを充実させていく必要があります。

一般的な子育てタクシーは、この2点を実施して、子育てタクシーを運行していますが、
弊社では、もう一歩踏み込んで、本当に良いサービスを実現するために、
子育て経験のある女性乗務員の採用を始めました。

そして、従来型のタクシー乗務員よりも高度なサービスを提供できるように
するために、この女性乗務員を、「ケア・アテンダント」という名前の職種にして、
育てていきます。

ケア・アテンダントとは、弊社が名づけた、高度なサービスが出来る、
タクシー乗務員であり、タクシー乗務員という概念から大きく逸脱した
サービスを提供していくので、敢えてタクシー乗務員と呼ばないように
しています。

具体的なサービス内容については、別の機会に報告していきたいと
考えていますが、8月からいよいよ専門の乗務員教育が始まります。

弊社の子育てタクシーは、現在の乗務員(男性)を教育して、子育てタクシー
運転手にするパターンと、ケア・アテンダント(女性)が運転する子育てタクシーの
2パターンになります。

もちろん、どちらも一定レベル以上のサービスを提供はできますが、
ケア・アテンダントの方は、感動・体験型のサービスになる所を
目標にしています。

ケア・アテンダントのサービスは、子育てタクシー運行だけでなく、
女性や高齢者にとっても満足のゆくサービスを提供できる所を
目標地点にしています。

世界ででトップレベルのサービスを目指して、弊社はこれからも
新しいサービスを開発していきます。

皆様、よろしくお願いいたします。

PageTop